お金を消費者金融で借りることについて、ネガティブなイメージを持っている人もまだ多いかもしれません。これまでさんざん、競馬や競艇などギャンブルでお金を失った人がお金を借りてさらに突っ込む、といったイメージを、テレビやドラマ、マンガなどでもくり返し印象づけられてきたからです。

しかし最近はそうでもありません。グレーゾーン金利、過払い金請求、という話をCMでもよく見るようになりましたが、以前は、ルールの穴をついて、上限金利以上の金利で高く貸付をする金融業者が多かったのですが、やりすぎたためにそれらの金利は一掃され、またさらに払いすぎた分については過去にさかのぼって請求されるようになったのです。

具体的にいえば、現在は、10万円未満で金利は最高20%まで、10万から100万までは18%まで、それ以上は15%までと決められていますが、以前は、出資法の上限金利というのを拡大解釈し、どの貸付金額でも最大29.2%まで金利を上げられる、とやってきたのです。100万円借りて年利29.2%ではたまったものではありません。

現在では50万円なら年に9万円の利子が上限です。あくまで上限ですし、さらに利子が日割りなら前倒しで返していけばどんどん利子は減らせます。計画的に利用できるなら、消費者金融は便利なものでしかないのです。